※このブログではプロモーション広告を利用しています※

【実録】ウェイターのバイトはきつい?仕事内容と失敗談から学んだこと

【実録】ウェイターのバイトはきつい?仕事内容と失敗談から学んだこと アルバイト攻略

飲食店には欠かせないウエイターの仕事でバイトはきついのでしょうか?同じ業界は大変なイメージもありますよね。

ウェイターのバイトはどれほどきついのか、仕事内容から失敗談や学んだことなども紹介していきます。これから飲食業界で働いてみたい、一度アルバイトに入って流れを知っておきたい人などは参考にしてみてください。

ウェイターのアルバイトがきつい理由は?

ウェイターのアルバイトがきつい理由はいくつかあります。以下にその主な理由を説明します

ウェイターのアルバイトがきつい理由
  • ①身体的な負担
  • ②ストレスのかかる環境
  • ③不規則な労働時間
  • ④高い責任感

①身体的・精神的な負担

ウェイターは飲食店で食事を提供し、テーブルの片付けを行うため、長時間立ちっぱなしで動き回る必要があります。重い食事トレイや食器を運び、体力を消耗します。

長時間立ちっぱなしで働き、多くの情報を頭に入れておかなければならないため、体力と精神力が必要です。

②ストレスのかかる環境

忙しい飲食店では、オーダーの間違いやクレーム、お客様の要望に対処する必要があり、ストレスがかかることが多いです。特にピーク時や忙しい日には、ストレスがさらに高まります。

③不規則な労働時間

多くの飲食店では、ウェイターのシフトは不規則で、週末や夜間に働くことが多いです。これは社会生活や家庭生活との調整が難しいことがあります。

④高い責任感

ウェイターはお客様のサービスを提供するため、お客様の要望を正確に理解し、素早く対応する必要があります。ミスが許されない場面も多いため、責任感が求められます。

これらの要因が、ウェイターのアルバイトがきつい理由として挙げられます。しかし、効果的なコミュニケーションスキルやサービス精神を身につけ、お客様との良好な関係を築くことで、ウェイターとしての仕事を楽しむこともできます。

ウェイターのアルバイトの仕事内容

実際にウエイターのアルバイトを経験した方の仕事内容はこちらです。

ーを決めていただくように伝え下がります。しばらくテーブルの様子を見てお客様に呼ばれたり、またはメニュー表を置き始めたタイミングでテーブルに行き、ドリンクのメニューを聞き下がります。

いただいたドリンクのオーダーを自分で準備して、それらをお客様の元へ持って行き、お客様の目の前にオーダーしたドリンクを1つ1つ置いていきます。ドリンクを置き終えたら、料理のオーダーを伺います。

料理のオーダーを取ると、自分で厨房に行きオーダーを伝えます。料理が出来上がると厨房から声がかかり、出来上がった料理をお客様の所へ運びます。お客様が料理を召し上がっている時に声をかけ、空いたお皿やグラスやビンを下げます。

その時に追加のドリンクや料理が無いか確認し、あれば対応します。
最後にお帰りになった後に、テーブルの上と下を綺麗に掃除します。

一般的なウェイターアルバイトの仕事内容はこちらです。

また、一般的なウェイターアルバイトの仕事内容はこちらです。

ウェイターのアルバイトの仕事内容は、飲食店でお客様に食事を提供し、快適な空間を提供することです。

ウェイターのアルバイトの仕事内容
  • ①オーダーの受け付け
  • ②飲食物の提供
  • ③お客様の要望への対応
  • ④会計の精算対応
  • ⑤テーブルのクリーニング
  • ⑥他のスタッフとの連携
  • ⑦飲食店の清潔さの維持

①オーダーの受け付け

お客様からの注文を受け、正確に記録します。メニューアイテムや特別なリクエストに対応し、料理の詳細を把握します。

②飲食物の提供

調理された料理や飲み物をお客様のテーブルに運び、サービスします。食器、グラス、カトラリーなどをテーブルにセットします。

③お客様の要望への対応

お客様の要望や質問に対応し、料理の説明やおすすめの提案を行います。また、特別なリクエストや食事制限にも対応します。

お客様に対して礼儀正しく、サービス精神のある態度で接客します。お客様のニーズを理解し、快適な雰囲気を提供します。

④会計の精算対応

食事が終了したら、お客様にチェックを提出し、支払いを受けます。支払いがクレジットカードや現金で行われる場合、正確に処理します。

⑤テーブルのクリーニング

お客様が食事を終えた後、テーブルをクリーンにし、次のお客様を迎える準備をします。食器やグラスを洗い、テーブルクロスなどを交換します。

⑥他のスタッフとの連携

キッチンスタッフやバーテンダーと連携し、オーダーの進行やサービスのタイミングを調整します。円滑なコミュニケーションが必要です。

⑦飲食店の清潔さの維持

作業エリアや飲食店の清潔さを維持し、食品安全基準に従います。ゴミの処理や片付けも行います。

ウェイターのアルバイトは、高いサービス品質とおもてなしの精神が求められる仕事であり、お客様の満足度を高めるために努力することが重要です。

ウェイターのバイト面接はこんな感じだった!

私がウエイターのバイトで面接に行った時は、50代前半の男性(エリアマネージャー)が面接担当でした。

大学を卒業してから現在までの仕事内容を確認し、学生時代に取り組んだ部活の事や、何故アルバイトを始めようと思ったか理由を聞かれ、その後に何故ここで働こうと思ったのか、その理由を尋ねてきました。

その後は勤務内容について、シフト制で出勤を決めて行くので、勤務する希望の曜日や時間を確認していました。面接官の印象は、きちっと髪を整えられ、ズボンはスラックスを履き、上は長袖のシャツにネクタイをしていました。

清潔感と誠実さを感じました。こちらと会話をする姿勢も、上から目線で不快にさせる様な感じでは無く、こちら目線に合わせ寄り添った感じで接していただき、安心感がありました。

【実録】ウェイターのバイトでの失敗談と学んだこと

実際にウエイターのバイトで失敗はしたくないですよね?失敗は付きものなので体験談を元に心構えなども念頭に置いておきたいところです。

ウェイターのバイトでの失敗談

1番の失敗は、オーダーしたカクテル(レッドアイ)がトレーの上から滑り落ち、お客様の鞄の中にその液体が入ってしまったことです。

いただいたドリンクのオーダーを自分で準備をして、トレーの上に乗せて持って行き、1つ1つオーダーした物をお客様の前に置いていく途中で起きました。

お客様は大変驚かれパニックになっており、その様子を踏まえ、失敗を想定していなかった事に自分自身も大変驚きました。

本来ならすぐにこぼれた液体で汚してしまった所をすぐに綺麗にしながら何度も謝罪をするべきだったと思いますが、何をして良いのか分からず、呆然とその場に立ったまま動く事が出来ませんでした。

しばらくして何故こんな事になったのか、こんな大変な事になった事実にならないようにするにはどうすれば良かったのかと、目の前の事実に向き合わず、現実逃避をしていました。

ウェイターのバイトで失敗から学んだこと

出来る限りリスクヘッジ(危険回避)の意識を持ち、特にお客様迷惑がかかる事が最大の危険です。お客様と関わる際に、その時に考えられる範囲で犯してしまいそうな危険を感じ、その行動を取らない様に工夫する事が大切だと感じました。

また一つの行動の処理をなるべく早く終わらせてしまおうと、効率ばかりを気にするのも危ないです。効率とリスクを天秤にかけた時に、どちらが自分に取ってストレスや疲労的負担をかける事なくできるのかを考える必要もあります。

またミスをしてお客様に迷惑をかけお店の信用を失ったり、共に勤務するスタッフに余計な負担をかけ信頼を失う事を比較し、自分自身の中で判断する事が大切だと思います。

そしてもしミスをしてしまった時に、自分自身をの気持ちをコントロールして、人間だからミスをする事もあると、自分で自分を慰める事が出来る事も大切だと感じました。

これからウェイターのバイトをしたい人へのアドバイス

これからウェイターのバイトをしたい人へ、効率性を考えると横着をして事を済ます事を考えてしまいがちです。

出来るだけその行動をする時のリスクは無いか意識するのも大事。もしリスクを犯してしまった時の方が横着する時よりも時間的や精神面的に負担がかかるのであれば、横着をして一度に物事を処理するのでは無く、1つ1つ安全に着実に処理出来る方法を取れれば、それで良いと思います。

また何かしら失敗をしてしまった時は、先ずは自分が冷静になり失敗をする前の精神状態に戻せる様に、気持ちをコントロール出来るようになれば、楽にアルバイト生活を送る事が出来ると思います。

そして同じ失敗をしない様に、自分でどうすれば良いか考え行動できる様になる事が、ストレスを出来るだけ少なくして、よりな長くアルバイトを続けられる大切な事だと思います。

まとめ

今回は「【実録】ウェイターのバイトはきつい?仕事内容と失敗談から学んだこと」についてご紹介しました。

ウェイターのバイトは接客をしながら料理のオーダー・提供・会計などの業務をこなさないといけません。同時進行での管理や立ちっぱなしのバイトであることも多く、きついと言われる原因です。

慣れないうちは失敗は付きもなので、もしお客さんに粗相をしてしまった場合の対処法を常に考えておくことで精神的な余裕も生まれます。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました