※このブログではプロモーション広告を利用しています※

郵便局の仕分けバイトはきつい?口コミ体験談や面接に落ちる理由も

郵便局の仕分けバイトはきつい?口コミ体験談や面接に落ちる理由も アルバイト攻略

郵便局での仕分けのバイトはきついのでしょうか?

これから郵便局で働いてみたい、実際に働くときつい作業がたくさんあるのか口コミ体験談を調査。肝心な面接で落ちる理由についても採用された経験の視点からご紹介していきます。

郵便局の仕事の内容はハード?

郵便局での仕分けのアルバイトの難しさは、個人の経験や能力、働く郵便局の規模や需要によって異なります。一般的には、以下の点が郵便局での仕事です。

郵便局での仕事の内容や環境
  • ①仕事の内容
  • ②労働条件
  • ③体力仕事なことも
  • ④スキルと訓練
  • ⑤働く環境

①仕事の内容

郵便物の仕分けは、郵便物を種類やサイズに応じて分類する作業です。たとえば、手紙、小包、大きな封筒など、さまざまな種類の郵便物があります。アルバイトではこれらを正確に仕分ける必要があります。

配達先や時間帯によっても仕分けが異なります。例えば、午前中の郵便物と午後の郵便物を別々に仕分けることがあるかもしれません。

②労働条件

アルバイトの場所や時間帯によって、仕事の忙しさが変わります。特に休日やクリスマスなどの特別な時期には、仕事が非常に忙しくなることがあります。

天候条件に注意が必要で、雨や雪の日には、郵便物の取り扱いが難しくなることもあります。
郵便物の持ち運びや配達作業に制約があるかもしれません。制服の着用が必要な場合もあります。

③体力仕事なことも

仕分け作業は、立ちっぱなしでの作業が多いため、足や背中への負担がかかることがあります。
重い郵便物を運ぶことがあるかもしれないため、体力を要することがあります。

④スキルと訓練

正確さが求められる仕事なので、訓練や指導が必要かもしれません。特に、郵便物を誤って仕分けたり、紛失させないように注意が必要です。

⑤働く環境

郵便局の場所によって、作業スペースが狭いこともあれば、忙しい時期にはたくさんの郵便物が流れてくることもあります。混雑した場所で労働することもあるでしょう。

初心者でも、これらの要因を理解して、郵便局でのアルバイトに挑戦できます。新しい仕事に慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、じっくりと経験を積みながら、仕事の流れや要求事項を把握していけば、順調になるでしょう。

一例ではありますが、郵便局でのバイトの具体的な仕事内容です。

お歳暮・お中元の出荷業務、出荷に関わる伝票印刷や業務に使うリスト仕分け、梱包、検品など出荷トラックに引き継ぐまでの作業。

慣れてきてからは作業を分類してどのように完結させて行くか決めるという前業務も行いました。1日にこなさなければならない作業量が決められているので、どう人を配置するかや完了見込みの予測など慣れるほどに色々なことを任せてもらえました。

女性だったためか力作業はあまり行ってはいませんが、積み込み前の荷台車の整理整頓など力作業と完全に無関係ではありませんでしだ。

センターによっては完全に一つのことしか任せないという場所もありますが、私の勤め先は色々なことをさせてくれたので飽きることもなくよかったです。

郵便局の仕分けのバイトはきつい?

郵便局の仕分けのバイトはどらぐらいきついのか?言われる理由についてもお伝えします。

郵便局の仕分けのバイトがきつい理由
  • ①体力的な負担
  • ②スピードと正確さが求められる
  • ③悪天候の影響
  • ④労働時間と不規則なシフト
  • ⑤ストレス

①体力的な負担

郵便物は多くの場合、重い荷物や多くの封筒を含む大量の郵便物が含まれます。これを長時間にわたって持ち運ぶ必要があるため、体力的な負担がかかります。特に大きな郵便物やパッケージの仕分けは、力仕事となります。

②スピードと正確さが求められる

郵便物の仕分けは、スピードと正確さが非常に重要です。特に忙しい時期や特定の期限に対応する必要があるため、迅速でミスのない作業が要求されます。間違った郵便物を仕分けてしまうと、郵便物の届け先が誤ってしまう可能性があります。

③悪天候の影響

郵便物の取り扱いは、天候条件に左右されることがあります。雨や雪の日には、郵便物が濡れたり、凍ったりすることがあり、その取り扱いが難しくなります。また、自転車や歩行者での配達の場合、悪天候時には安全に気を付ける必要があります。

④労働時間と不規則なシフト

郵便物の処理や配達は、早朝から始まり、遅い夕方まで行われることがあり、不規則なシフトが一般的です。これにより、生活リズムが乱れることや、休日や週末に働く必要がある場合があるため、生活の調整が難しいことがあります。

⑤ストレス

郵便物の仕分けは、忙しい時期にはストレスがたまることがあります。多くの郵便物を処理しなければならないプレッシャーや、間違いの許されない性質から、ストレスが生じることがあります。

郵便局の仕分けのバイトは、これらの要因により、身体的、精神的にきついことがあるため、忍耐力や適応力が求められます。しかし、経験を積みながら、仕事に慣れていけば、これらの課題に対処できるようになるでしょう。

郵便局の仕分けのバイトの口コミ体験談

郵便局のバイトでの口コミ体験談をご紹介します。

郵便局のバイトでの失敗談や学んだこと

部活のような雰囲気と面接で言われましたが、確かに大勢で作業を進めていく過程はわかるようになってくると連帯感が感じられて楽しかったです。教えてもらっていないことを無理にやろうとせず、出来ないことはできない・わからないとはっきり伝えて自分の役に立てることを探すというのは大勢で動く時には大切なんだなと思いました。

苦手な作業があってもこれなら出来ると積極的に自分の適所をアピールすると重宝してもらえて、自分の達成感や満足感にも繋がりました。業務が難しいとその取得に注意が向いてしまって、こういった基本的な仕事に対するスタンスについてはなかなか考えたり気付いたり出来なかったと思います。

単純作業だからとやや気楽に考えていましたが、単純だからこそ仕事に向き合う姿勢や捉え方を考えられた経験でした。

郵便局のバイトで失敗しないためのアドバイス

郵便局でのバイトは何事も無理をしない・自分を必要以上に見せようとしないことがとても大事です。これくらい教わらなくても出来るとタカをくくることは本当によくありません。

複雑な知識や高度な技術があってもやはり仕事に対する姿勢や、一緒に働く人との連携はとても大切でまったく違う仕事をする時にも必ず役立ちます。なので、ただ難しくなさそうだからという気持ちではなくて単純だからこそ業務や作業内容以外何か気付きたい・ためになる考えを得たいと思って就業してみて欲しいです。

実務的には自分が与えられた作業だけでなく、それに繋がるポジションは何をしているのか興味を持つことです。物の流れと書いて物流ですが、一点の働きだけ見つめても理解は出来ません。興味を持って作業の流れを理解しようと見てみると物流システムはとても面白いものです。

郵便局のバイトで面接に落ちる理由

郵便局のバイトで面接に落ちる理由は、元気がない・見た目に清潔感がない・仕事のスピードについていけなさそう・単純作業が苦手などが原因です。

実際に郵便局のバイトの面接に合格した人の声を参考にしてみてください!

実際に郵便局の面接に合格した人の声

体育会系で西のほうの訛りがある元気な男性社員さんが面接官で、とにかく元気に働いてくれますか?大学のサークルとか部活っぽさがあるので楽しいと思いますが元気にチャキチャキ動いてほしいですというモチベーションの確認が強かったです。

作業自体は単純だし、指示を聞いていれば難しくないけど仕事のテンポが早めだからその雰囲気に乗れそうかという感じでした。

百貨店でギフト包装をした経験はあるかという点以外は特にスキルについては聞かれませんでしたが、物流の仕事を前にもやっていたのでどんな流れの作業経験があるのかは興味を持って聞かれました。

この体験談にあるように、毎日大量の郵便物などを取り扱うのでテンポよく仕事をこなせる要素がないと面接には落ちてしまうかもしてません。

郵便局で活かせそうなスキルや性格があればどんどんアピールすべきです。

まとめ

今回は「郵便局の仕分けバイトはきつい?口コミ体験談や面接に落ちる理由も」についてご紹介しました。

郵便局の仕分けバイトは単純作業がゆえにコツコツと行動し続けられるか性格もカギ!

総合的に言って、郵便局での仕分けのアルバイトは、労働条件や仕事の性質によって厳しい場合もあれば、比較的快適な場合もあります。

アルバイトを検討する前に、郵便局の要求事項や労働条件を確認し、自分の能力や希望に合致しているかどうかを検討することが重要です。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました