※このブログではプロモーション広告を利用しています※

フードコートのバイトがきつい理由7選!メリットや面接から仕事内容

フードコートのバイトがきつい理由7選!メリットや面接から仕事内容 アルバイト攻略

フードコートのバイトがどんな風にきついのか理由をご紹介します。サービス業でもあり食事を提供するという衛生面にも気を遣う必要があります。

ですが、逆に飲食に携わるメリットもあります。

実際の面接から仕事の内容まで実体験を元に事例を詳しくお伝えしています。

フードコートのバイトがきつい理由7選!

フードコートのバイトがきつい理由は以下の7つに分けられます。

フードコートのバイトがきつい理由
  • ①高い忍耐力が必要
  • ②ストレスフルな環境
  • ③高い身体的負担
  • ④変則的な勤務時間
  • ⑤繁忙期のストレス
  • ⑥食材の臭いと接触
  • ⑦お客様対応の難しさ

①高い忍耐力が必要

フードコートは多くのお客様で賑わう場所であり、ピーク時には長蛇の列ができることがあります。お客様の注文やクレームに対応するために、高い忍耐力が求められます。

クレームや不満の対応が必要で、時には不公平な扱いに耐える必要があります。お客様が注文を間違えた場合や待ち時間が長い場合にも冷静に対応しなければなりません。

トレーニングプログラムなどを受ければ、クレームや難しいお客様への対応方法を学ぶことができます。チームメンバーとのサポート体制を構築し、難しい状況を共有し合うことも大切です。

②ストレスフルな環境

フードコートは通常、高い忙しさとプレッシャーがかかる場所です。オーダーを早く処理し、食事を提供するために、迅速で正確な作業が必要です。

多くの注文と短い時間での提供が必要で、ストレスの中で迅速な作業が求められます。キッチン内での調理と注文管理を同時に行う必要があり、タイムマネジメントが重要です。

シンプルなオーダーシステムや効率的な調理プロセスを導入すれば、作業をスムーズにすることが可能。自身のストレス管理のコントロール力を高めてどうやったら軽減できるか考えるといいでしょう。

③高い身体的負担

フードコートのアルバイトは、長時間立ちっぱなしで働くことが多く、体力を要します。また、重い食材を運んだり、厨房での調理作業がある場合もあります。

長時間の立ちっぱなしや、重い料理の提供が体力を消耗し、高温の環境での調理作業に耐える必要があります。

そういった場合は、適切な休憩時間を確保し、長時間の立ちっぱなしを軽減させ作業の負担を分散するために、チームで協力することも大事です。

④変則的な勤務時間

フードコートは一般的に早朝から深夜まで営業しており、シフト勤務が必要です。週末や祝日の勤務も一般的であり、ライフスタイルに合わせるのが難しい場合もあります。

シフト制勤務で、定時に帰宅できないことがあり、社会生活への影響が出ることがあります。週末や祝日の勤務が多いため、友人や家族との予定調整が難しいことも。

そんな時は、予めシフトを確認できるようにスケジュールを提前に提示することで、予定の調整をしやすくしましょう。

⑤繁忙期のストレス

特定のイベントや休暇シーズン、昼食時や夕食時など、特に忙しい時間帯があります。これらの期間には多くの注文と忙しさが集中し、ストレスが増してしまうことは避けられません。

特に昼食や夕食時は大勢のお客様で賑わい、注文の数が急増するためストレスが高まり、予期せぬ状況に対応しなければならず、臨機応変さが求められます。

事前に準備できることはないか、オーダー処理の効率を向上やお客さんまでの提供動線を考えたりピーク時に備えて十分な食材と調理器具が確保されているか、確認をすることで緊急時に対応することが可能です。

⑥食材の臭いと接触

フードコートでのアルバイトは、食材や調理油、調味料といった臭いと接触することが多いため、不快な臭いや食材の匂いがつくことがあります。

調理中に食材や調味料の臭いが服や髪につくことがあり、臭いが付いて嫌な服は着て行かないことです。食材に触れるため、手に匂いがつきやすく、手洗いや手入れに時間がかかることもあります。

適切な衛生基準を保つために、手袋や調理用エプロンを着用すれば臭いを防ぐことができます。

⑦お客様対応の難しさ

お客様対応が重要であり、時には難しいお客様とのコミュニケーションが必要です。クレームや不満に対処するスキルが求められ、ストレスを増加させる要因となります。

お客様の要望や特殊な注文に対応しなければならない場面があり、コミュニケーションスキルが必要です。イライラしたお客様や不機嫌な状況に対処するトレーニングが必要で、プロフェッショナルな態度を維持することが求められます。

どんなことが起こっても慌てないようにお客様とのコミュニケーショントレーニングを行うことも重要です。そうすることで難しい状況でも適切に対処できるスキルを養います。

マネージャーや上司からのサポートを受けるためにも、日頃から難しいお客様対応についてアドバイスを聞いておくのもいいでしょう。

フードコートのバイトでのきつい体験談

勤務自体もかなりハードだったのですが、一番しんどい一番の失敗は肉うどんの分量間違いでした。

肉うどんは前日にパートのおばさんが出る量などを考えながらうどんに載せる牛肉を仕込んでいくのですが、ある時私がうどん担当をしていたお客様が多かった土曜日にその牛肉が足りなくなり、日曜日分の仕込みを使わないといけなくなることがありました。

月曜日に出勤したおばさんは、「人が多くても十分余るくらいで作ったはずなのになんで切れるんや。あんたらどんだけ肉乗っけとるん!!」と怒られ、一度やって見せろと言われて肉うどんを実際に作ると、私が教えてもらった肉の量が本来の量のほぼ倍でした。

こんなん利益より材料費のが高くなるやろ!!!と私だけめちゃくちゃ怒られたのですが、私以外のアルバイトの学生さんがみんな同じくらいの量を入れていたこと、なんなら社員さんもそうだったので少し納得がいかなかったのを覚えています。

フードコートのアルバイトでも他のスタッフとの人間関係もクリアしなければならない点です。

上記の体験をした方は、次のような対策を取ることで解決に向かいました。

とりあえず、目測や大体このくらい、と口伝で教えるのをやめてくださいと周りの先輩方にはお願いし、パートのおばさんにもう一度とろろ昆布や牛肉など、うどんに載せるものの正確な重さや量を再確認して、自宅に帰ってからワードでプリントを作り、ラミネートして作業場に置くようにしました。

自信がない時にはきちんと秤を使ったり、次の日の混雑が予想されるときにはあらかじめ秤で測って小分けにして次々載せていけるように変えさせてもらうことで結果的にミスが減り、うどんの待機列も早くさばけるようになったので怪我の功名だったと思います。

あとは土日の一日バイトの時はまかないとしてソフトクリームとか食べれたのはありがたかったです。

フードコートのバイトの仕事内容

フードコートのアルバイトは、食品提供業界で働く一般的な仕事内容に類似していますが、フードコートの特性に合わせたタスクが含まれます。以下は、フードコートのアルバイトの一般的な仕事内容です

注文受けとレジ業務

お客様からの注文を受け、レジでの精算を行うので、レジでのお金の取り扱いに注意が必要です。

食材の調理や仕込み

フードコート内の飲食店で提供される料理や飲み物の調理を行います。フライヤーやグリル、調理器具を使用し、メニューに応じた調理を行うことも。

他にも野菜の切り方やソースの調合など食材の下ごしらえや仕込み作業を行います。

注文やお客様へのサービス

基本的にお客様への食事の提供やドリンクのサービスを行い、オーダーの精度と迅速なサービスが求められます。

お客様からの質問に答えたり、特別なリクエストに応じたりする他、お客様の不満やクレームに対処し、解決する役割もあります。

衛生と清潔や食材の在庫管理

最低限必須なことが食品衛生規則に従い、清潔な状態を保つことです。器具や調理スペースの清掃、手洗いなどの衛生対策も重要。

食材や調味料、包装資材の在庫を管理し、必要に応じて発注や補充から食材の賞味期限や品質を確認し、廃棄物を最小限に抑えることも求められます。

開閉業務や引継ぎ

シフトの始まりや終わりに店舗の開閉業務を行うことがあります。交代制の場合は後のスタッフに対して申し送りや変更点などこれまでの状況を伝えスムーズな勤務交代が必要です。

フードコートでの仕事内容の一例

三重県にある私設ドライブインの中にあるフードコートでの勤務でした。お客様が食券を出してくれるので、それを見てうどん・そば・ラーメン・ソフトクリーム・フランクフルト等を調理してお出ししてました。

その他、週二回食材が届いたのを併設の冷凍庫へ補充したり賞味期限管理したり、返却口に返されてくる丼などの食器類や調理器具の洗浄と収納整頓、調理場の清掃作業などをやっていました。

それを平日の夕方17時から夜21時まで3日間と土日どちらかで朝9時から夕方21時までの勤務をしていて、鈴鹿サーキットなど近隣都市でイベントがある時やお盆正月は出られるときは出るスタイルでアルバイトをしていました。(まだ当時はコンビニエンスストアなどが少なく、PAやドライブインはそういう時期にものすごく繁盛していた為です。)

フードコートのバイト面接で聞かれること

フードコートのアルバイトの面接では、応募者の能力や適性を評価するためにさまざまな質問がされることがあります。以下は、一般的に聞かれる可能性のある質問の例です。

フードコートのバイト面接で聞かれることの一例
  • 自己紹介
  • モチベーションと興味
  • 勤務時間とシフトの柔軟性
  • チームワークと協力性
  • ストレス耐性とプレッシャーへの対処
  • カスタマーサービススキル
  • 衛生と安全に対する意識
  • 責任感と信頼性

具体的に面接官に聞かれる場合はこんな内容です。

「自己紹介をしてください。」

「あなたについて教えてください。」

「なぜフードコートのアルバイトに応募しましたか?」

「どのような理由でこの職種に興味を持っていますか?」

「週末や夜間のシフトに対応できますか?」

「予期せぬシフト変更にも対応できると思いますか?」

「チームでの協力や協調性は大切です。チームでの仕事に慣れていますか?」

「過去の経験でチームメンバーとのコミュニケーションに困ったことはありますか?」

「忙しい環境での仕事に対してストレス耐性を持っていますか?」

「ピーク時にお客様からの注文が殺到した場合、どのように対処しますか?」

「お客様対応の経験はありますか?」

「難しいお客様への対応経験を教えてください。」

「食品の取り扱いや調理について、衛生や安全にどのように気を付けていますか?」

「アルコールや食材アレルギーについての配慮はありますか?」

「仕事に対してどのような責任感を持っていますか?」

「過去の職務で信頼性を発揮した経験を教えてください。」

これらの質問は、応募者のスキル、経験、適性、パーソナリティを評価するのに役立つものです。面接では、自分自身を良くアピールし、フードコートでのアルバイトに向いていることを伝えることが大切です。

また、具体的な経験や例を挙げて質問に答えると、印象を良くするのに役立つでしょう。

中にはこのような理不尽な扱いをされることもあるので、そのような場合は採用されても無理して仕事を受けないようにしましょう。

通っていた短大で同じ授業を取っていた子に「〇〇さん同じ市内から通っているよね。バイト興味ない?バイト先のレストランが人手不足でクラスメイトとか誘える人いないか聞かれたの」と勧誘されました。

最初ドライブイン併設のレストランでの勤務で面接に行ったのですが、店長さんとあった際「ずいぶんデカいなあんた」と吐き捨てられたのを25年たっても覚えています。
履歴書を渡すと、ほとんど見ることもなく「じゃ、悪いけどフードコート入って。人手がないから。」と言われ制服を投げられました。

(なんだこいつと思っていましたが、後から聞くとその店長は女好きで見た目のかわいらしい今でいうあざとい系の女性が好きだそうでそういう子ばかりレストランに集めていたそうです。)

フードコートのバイトでのメリットは?

きついとも言われるフードコートのバイトですが、たくさんのメリットもあります。

フードコートでのアルバイトは、飲食業界での貴重な経験を積む機会です。料理の調理やサービス、レジ業務など、多くのスキルを習得できます。

お客様対応が日常的に行われるため、コミュニケーションスキルが向上します。難しいお客様とのコミュニケーションやチーム内での連携が必要です。

フードコートの多くは長い営業時間を持っており、シフト勤務の柔軟性が高い場合があります。学業や他の予定に合わせて働きやすい環境です。

また、さまざまな国や文化の料理店が一堂に集まっている場所であり、異なる料理や食文化を体験できる食の幅も広がります。

フードコートは複数の飲食店が一つの場所に集まっているため、チームでの協力が不可欠。協力を通じてチームワーク力を向上させることができます。

一般的に週払いや日払いなどの現金給与を受け取ることができる場合も。現金が今すぐ欲しいという人には該当する会社であれば面接を受けてみるといいでしょう。

フードコートはお客様や仲間のスタッフとの交流を通じて、社会的なスキルや人間関係の構築が促進されます。

これらのメリットは、フードコートのアルバイトが若い人々や学生にとって、経験を積みながら生計を立てるための魅力的な選択肢となっています。また、飲食業界でのキャリアを追求する上でも重要なステップとなり得ます。

フードコートのバイトで失敗しないためのアドバイス

今どきは必ず調理に際して目分量なんかで測ったりせず、マニュアルがあったり小分けになったものを載せたりすると思うので、あまりアドバイスできるようなものはないかと思います。

しいて言うなら先輩のアドバイスはアドバイスとして聞くとしても、全てをうのみにしないでもう一度それで大丈夫かどうかを確認するとよいと思います。

また仕事の効率化ができそうなことがあるならば、一度上司に確認してそれを導入できないか積極的に相談していくのも大事だと思います。

私の場合は失敗から偶然、お客様の行列を解消できる方法に繋がっていきましたが、自分で気が付いたことを周りにしっかり共有できることでいろいろなメリットがでてくるかと思います。

まとめ

今回は「フードコートのバイトがきつい理由7選!メリットや面接から仕事内容」についてご紹介しました。

飲食業界は接客に調理のサービスにきついことや気を付けることがたくさんあります。仕事内容も接客に食材の仕込み・管理・調理から清掃やオーダーを取ったり、効率化を求められたりすることも。

メリットについてもまかないとしてバイト先で取り扱っている料理を無料で食べれたり、調理についてのスキルや知識が得られます。

フードコートのバイトで失敗しないためには、言われた通りにする前に自分で一度よく考え、本当にこれでいいのか?と考えることも必要です。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました