※このブログではプロモーション広告を利用しています※

ファストフードのバイトに向いてない人の特徴6選!きつい仕事内容は?

ファストフードのバイトに向いてない人の特徴!きつい仕事内容は? アルバイト攻略

ある調査によると、「働いてみて一番きつかったバイト」として多くの学生から挙げられるのが、なんといっても「ファストフードのバイト」だそうです。

その理由として、”接客”や”調理”が挙げられますが、ここにはもっと深い意味が隠されているのかもしれません。

ファストフードのバイトはデキる人にとっては”短時間で効率よく稼げるおいしいバイト”、ですが、一方で向いてない人にとっては”厳しい評価”や”ハードな労働”にストレスを感じてしまう可能性もあります。

今回は、「ファストフードのバイトに向いていない人の特徴6選」や、そのきつい仕事内容に迫ります。

ファストフードのバイトに向いてない人の特徴6選!

ファストフードのアルバイトに向いてない人の特徴は、以下のようなものが考えられます。

ファストフードのバイトに向いてない人の特徴
  • ①ストレスに弱い
  • ②顧客サービスのスキルが不足
  • ③時間管理が苦手
  • ④チームでの協力が難しい
  • ⑤衛生意識が低い
  • ⑥柔軟なスケジュールに対応できない

①ストレスに弱い

ファストフードのアルバイトは忙しい環境で働くことが多く、注文が殺到したり、クレームが発生したりすることがあります。ストレスに弱い人は、これらの状況に対処するのが難しいかもしれません。

②顧客サービスのスキルが不足

ファストフードのアルバイトは、顧客と直接やり取りする機会が多いため、良い顧客サービスのスキルが求められます。顧客に対して礼儀正しく、忍耐強く接することができない人は向いていないかもしれません。

③時間管理が苦手

ファストフードの仕事は、注文を正確に調理し、指定された時間内に提供することが求められます。時間管理が苦手な人は、注文の誤りや待ち時間の増加を引き起こす可能性も。

④チームでの協力が難しい

ファストフードのアルバイトは、通常、チームで協力して働くことが必要です。他のスタッフとのコミュニケーションや協力が難しい人は、仕事が円滑に進まないことがあります。

⑤衛生意識が低い

ファストフード店では食品の調理や取り扱いが行われますので、衛生規則を守ることが非常に重要です。衛生意識が低い人は、食品安全に関するルールを守りにくいかもしれません。

⑥柔軟なスケジュールに対応できない

ファストフード店は通常、週末や夜間など非常に柔軟なスケジュールが要求します。固定のスケジュールしか受け入れられない人には向いていないかもしれません。

ファストフードのアルバイトは多くの場合、高いストレス耐性、顧客サービスのスキル、協力性、衛生意識、時間管理能力などが求められることも。

ただし、これらの特徴がすべて当てはまらない場合でも、トレーニングや経験を通じて向上させることができることもあります。個人の成長と適応力によって、ファストフードのアルバイトが向いているかどうかは変わることがあります。

ファストフードのバイトのきつい仕事内容は?

誰もが一度はチェーン店でバイトを経験したことがあるかもしれません。その中でも厳しいと言われるファストフード業界。その具体的な内容について詳しく見ていきましょう。

身体的な負担

最初に挙げられる疲労は身体的なものです。立ち仕事が主となりますから、一日終わると足の痛みや腰痛を感じることも。混雑する時間帯には、コンベヤーベルトのように一つずつ加工工程を進めるため、平均化された業務によるストレスも無視できません。

油で揚げるフライヤーは火傷しやすく、また保冷庫での作業は寒さを伴います。物理的な過酷さは見逃せません。

高いサービススキルの要求

言うまでもなく、顧客への応対も大切な業務の一つ。笑顔で接客しつつ、素早い対応が求められます。マナー違反を犯した客に対しても、冷静に対応するプロフェッショナリズムが求められるでしょう。

教育訓練がしっかりと行われている場合もありますが、場数を踏むまでには時間が必要です。その分、心理的なプレッシャーは大きくなりがちです。

衛生管理の厳しさ

さらに、忘れてはならない衛生管理の厳しさ。食品取扱いだからこそ、衛生に関するルールは厳格です。手洗いのうっかり忘れが訴訟を生むことも。ここでもまた、細部への注意力が要求されます。

短時間で手軽に働けるファストフードバイト。しかし、その背後には厳しさと過酷さが隠れています。それでも、この経験は、仕事への取り組み方や、人との関わり方、自己を管理する習慣を身につける絶好の機会でしょう。逞しく働く皆さんには敬意を表したいものです。

私が体験したファストフード店の仕事内容

ファーストフード店ならではの店舗内の業務を一通りやっていました。まずは、店舗の掃除から覚えたと思います。また、取り扱いの商品を覚えるように言われました。

そして、カウンターでのレジ業務を覚えました。注文の取り方、キッチンへの伝え方、レジでのお会計の仕方などです。

その後、ドリンクの作り方(ドリンクもコールドドリンクを覚え、ホットドリンク、そして、シェイクなどの順で一段回ずつ教えてもらった記憶があります。)

次は、商品の袋詰(テイクアウト用)を覚えました。サイドメニュー(ポテトナゲット)を作れるようになり、そして、各ハンバーガー作り方も教わりました。

最後に、ドライブスルーの注文も取れるようになっていました。

他にも、お客様が少ないときには、ジュースのカップなどの備品を補充したりとやる事はたくさんありました。

ファストフードのバイトで面接はこんな感じだった!

無料の求人紙(新聞の折込チラシの求人)を見て、電話でアポイントを取ってから、友達と二人で面接に行ったのを覚えてます。初めて履歴書を友達と一緒に書いた事も良く覚えています。

私がバイトに行ったファストフード店の面接官は店長さんでとても優しかったです。当時は高校生だったのでどんな服装で行けばいいかもわからず、制服で面接に行きました。

髪色は黒で垢抜けてもおらず、田舎の高校生(まだ中学生と間違えられてもおかしくないくらい)
面接官は店長さんでした。友達と行ったので面接の時に2人一緒に採用してもらいました。

アルバイト先の制服の準備なので、勤務は面接の1週間後くらいからスタートだった気がします。

ファストフードのバイトでの失敗談

実際にファストフードのバイトに入ってみて、やらかしてしまった失敗談を包み隠さずお話します。

失敗談①

とても忙しいお昼時、返却口に溜まっていたトレー(お店のトレーの半分以上だったと思います)を落として割ってしまった事。

失敗談②

ドライブスルーのお客様にナゲットのソースを入れ忘れクレームの電話がかかってきた。近くにお住いの方でそんなに混雑してるときではなかったので、店長がお客様の家まで届けてくれた。

失敗談③

当時、コーヒーも飲めないような小娘だった私。砂糖とガムシロの使い方がわからず、適当に入れていた。その時の気分で入れてたと思う。ホットコーヒーにガムシロつけたり、アイスコーヒーに砂糖を付けたり、、、そんな私にでも、優しく教えてくれたのは店長だったと思います。

難しかったことは、色んなお客様がいて接客に正解がないと思ったと同時にとても面白いとも思いました。

ファストフードのバイトでの失敗談から学んだこと

トレー割ってしまった事件でも、大きく怒られることはありませんでした。今思えば、損害もあっただろうし、混在時だったのでお客様にも迷惑をかけたと思います。

それでも、すぐ、フォローに入ってくれた同僚に感謝以外になにもないと思います。なので、私も同じように怒る前にフォローできる人間になろうと思いました。

メリットはバイトしたファストフードで社割りが使えたことやテスト前など気を遣ってもらい1週間くらいお休みを貰えたことです。

その他、学校以外の友だちができたこと(大学生だったり、主婦の方とも仲良くなれました。)

これからファストフードでバイトしたい人へのアドバイス

どのアルバイト、パート、仕事でもそうだと思いますが、やはり謙虚でいる事と思います。
同業種で経験があっても、その店舗毎でやり方があると思うので、いつも初心に戻る気持ちでスタートしたらいいと思います。

ファーストフード店なので、子ども連れのお客様からお年寄りまで幅の広い世代の方が利用されると思います。
なので、接客も難しいと思いますが、お客様1人1人に誠実に向き合っていると、そのうちだんだんと評価されると思います。

まずは多少時間がかかっても良いと思うので、確認を必ずすることがとても大切と思います。『同僚、上司が忙しそうで話しかけにくいなぁ』とか思わず、わからない事をしっかり確認してミスが少なくなるようにしたらいいと思います。

まとめ

今回は「ファストフードのバイトに向いてない人の特徴6選!きつい仕事内容は?」についてご紹介しました。

バイトを選ぶ際は、自分の性格や能力に合った職場を選ぶことが大切です。ファストフード店で働くのに向いていない特徴は6つ挙げることができます。ストレスに弱い、細かい作業が苦手、体力に自信がない、注意力が散漫、人とのコミュニケーションが困難、マニュアル通りの作業が苦手という人が該当します。

特にファストフード業界は、接客や調理に対するスピード感が求められるため、自分のペースで動くのが好きな人には難しいでしょう。

一方、ファストフード店のバイトの仕事内容は、キッチンでの料理作りだけでなく、注文受けや清掃などの重労働も含まれます。長時間立ち続けることもあるので、体力が必要とされます。忙しい時間帯には頭を使う注文対応も求められるため、冷静な判断力も重要です。

この記事を読んで、自分の性格や体力を客観的に評価し、自分に合ったバイトを選べることを願っています。全ての仕事には向き不向きがあることを理解し、自分にとって最適な職場を見つけましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました