※このブログではプロモーション広告を利用しています※

パン屋のバイトはきついし怒られる?向いてない人の特徴7選はコレ!

パン屋のバイトはきついし怒られる?向いてない人の特徴はコレ! アルバイト攻略

パン屋さんのバイトはきついし怒られることが多いのでしょうか?お店はいい匂いするしパン好きにはたまらない環境で働けるとあって人気のバイトです。

自分自身はパン屋のバイトに向いていないのか向いているのか特徴も。

実際にパン屋のバイトで面接で採用され働いた経験談もお伝えします。

パン屋のバイトはきついし怒られる?

パン屋のアルバイトに慣れてきたころ寝坊を一度しました。開店のぎりぎりに起床し、すごく焦って出勤することに!そしてお店を開けました。

看板だし店舗内整頓をしてオープンすることに!オープン前には全商品を出しておくことでしたが、人気商品から品出しお店を開けながら補充をしていきました。オープン前は、かなり焦って出勤したので家族が後で駆けつけ手伝ってくれました。

しかし商品をどこに置けばいいのかわからない状態と陳列の仕方が間違っていたりでの作業となり、やり直したりでバタバタしました。。。落ち着いた頃にお客様がきたのでホットした失敗談でした。

セール時期だったらどうなっていたのか!?常連さんが来た時に開店できていなかったらすぐに本社へクレームをしたりすると考えるとゾッとする失敗談でした。

また、一般的にパン屋のバイトがきついと言われる理由はこちらです。

パン屋のバイトがきつい理由
  • ①労働時間
  • ②体力的な要求
  • ③高温多湿な環境
  • ④忙しい時期
  • ⑤細かい作業

パン屋の仕事は通常、早朝から始まります。早朝勤務が難しい場合や、長時間の勤務に耐えられない場合は、きつく感じるかもしれません。

パン作りには生地をこねたり、オーブンから重いトレーを出し入れするなど、体力を要する作業が含まれます。体力が不足している場合、疲れやすいと感じることがあります。

また、高温多湿の環境で行われることが多く、暑さに耐える必要があります。高温多湿に弱い人には辛いかもしれません。

忙しい時期があり、パン屋は特に週末や休日にお客様が増え、忙しい時期があります。このようなピーク時にはストレスが高まることがあります。

パン作りには細かい作業が多く、注意深さが求められます。ミスが許されない場面もあるため、精密さが必要です。

ですが、パン屋のバイトには次のような魅力もあります。

手に職をつけられる: パン作りのスキルは将来に役立つことがあり、自分でパンを焼く楽しみも味わえます。助け合いのチームワークも重要なのでパン屋はしばしばチームで協力して仕事を進めます。仲間との協力が楽しいことも。

食品業界の経験を積めるので食品業界での経験は、将来のキャリアに役立つことがあります。

バイトのきつさは個人によって異なりますので、自分の体力、適性、好みに合った仕事を選ぶことが大切です。また、職場の雰囲気や条件も大きな影響を与えるので、求人情報をよく確認し、面接で質問をすることをおすすめします。

パン屋のバイトに向いてない人の特徴7選

パン屋のアルバイトで向いていない人の特徴は、以下のような要素が考えられます。ただし、個人の適性や状況によって異なる場合もあるため、一般的な話として捉えてください。

パン屋のバイトに向いてない人の特徴
  • ①早朝勤務への不向き
  • ②高温多湿な環境への適応力不足
  • ③繰り返しの作業が苦手
  • ④負荷に耐えられない
  • ⑤衛生面に気を配れない
  • ⑥強いストレスに耐えられない
  • ⑦チームプレイが苦手

パン屋は通常、早朝から営業を開始することが多いため、早起きが苦手な人には向いていない場合があります。

高温多湿の環境で行われることが多く、これに対する体力や忍耐力が必要です。暑さや湿度に弱い人には向いていないかもしれません。

パン作りは細かな作業や繰り返し作業が多いため、地道にコツコツする仕事に向いていない人には不向きかもしれません。

意外とパン作りには体力を使います。重い袋や生地を持ち上げる必要があることがあり、体力が必要です。重い物を持ち上げたり、長時間立ちっぱなしで作業することができない人には適していないかもしれません。

パン屋も食品業界で、衛生が非常に重要な世界です。手洗いや調理器具の清掃、清潔な作業環境の維持に気を配れない人には向いていないかもしれません。

仕事が忙しい時期もありストレスが高まることも。高いストレス環境に適応できない人には不向きかもしれません。

パン屋では複数のスタッフと連携して仕事を進めることが一般的です。チームでの協力やコミュニケーションが苦手な人には不向きでしょう。

パン屋のアルバイトには独自の特徴があり、それに適応できるかどうかは個人の適性や性格による部分も多いです。したがって、これらの特徴が当てはまっているからといって、必ずしも向いていないとは言えません。自身の強みや弱みを考慮しながら、適切な仕事を選ぶことが大切です。

パン屋のバイトの仕事内容!手先が不器用でもできる?

一般的にパン屋での仕事内容を経験談と共にお伝えします。手先が不器用な人は自分に仕事が務まるのか不安なこともありますよね。

仕事内容

私がパン屋でバイトをした時は、ベーカリー・ケーキのレジや品出し店舗の開店準備、整理整頓、接客やレジ、商品を全種類覚える事から初めて覚えたころにレジの操作をしました。

レジ内の計算と釣銭の計算が合わない時には社員さんへの報告をするのと数字があうかどうかの計算のやり直しをさせられる業務。夜間は入っていなかったのでオープン準備のみ経験しました。

社員さんは通勤が少し遠かったので朝いちから入ってくれるバイトの方が助かると喜んでもらえたので開店準備にはいれたのはよかったです。

セール時期はポップものレイアウトもどこにするなどの店舗内陳列を考える業務。社員さんとのやり取りのそこでいろいろとできたことは貴重な体験のアルバイトでした。在庫調整や常連さんへの取り置き接客なども経験しました。

手先が不器用でもできる?

パン屋のアルバイトにおいて、手先が不器用であることは、必ずしも全てのタスクにおいて障害となるわけではありません。ただし、具体的なタスクによっては手先の器用さや細かい作業能力が必要な場面もあります。以下に、不器用な人がパン屋のアルバイトでどのように適応できるかについて考えてみましょう。

生地のこね作業: パン作りでは生地をこねたり成形したりする作業がありますが、これらは手先の器用さが求められる場面です。不器用な場合でも、練習や指導を受ければ改善できる可能性があります。

飾りつけやデコレーション: パンやペストリーの飾りつけやデコレーションにおいては、創造力や細かい作業が必要です。不器用な人でも、基本的なデザインやテクニックを学び、慎重に作業すれば成果を上げられることがあります。

精密な計量: レシピに従って材料を正確に計量することが求められます。不器用な場合でも、精密さと慎重さを持って作業すれば達成できることです。

オーブン操作: オーブンを使用する際にも、温度や時間の調整が必要です。これには慎重さが求められますが、不器用な人でも慎重に操作すれば問題ありません。

衛生規則の遵守: パン屋のアルバイトは衛生規則を守ることが非常に重要です。手先が不器用であっても、清潔さと注意深さを持って作業すれば問題ありません。

要するに、不器用な人でもパン屋のアルバイトはできる場面が多くあります。重要なのは、不得意な部分を改善し、指導やトレーニングを受けることです。また、仕事を丁寧に行い、責任感を持つことも大切です。手先の不器用さは全てのタスクにおいてハンディキャップとはならないでしょう。

パン屋のバイト面接はこんな感じ!

パン屋のバイト面接では店長さんが対応して勤務時間と内容とお給料面の事についてご説明がありました。とても活発かつ爽やかな店長さまでした。

朝一番の開店準備とランチ時がすごく忙しいのでテキパキと仕事をすることとその後のアイドルタイムがあるのでそこらへんはすこしゆったりできるのでできる事を探して違う作業をしてほしいとの説明をうけました。スタッフの人数と年齢層などを話してくれました。

他のレストランと併設の建物なので更衣室が同じである事と譲り合ってロッカーを使うことなどの注意事項の説明と制服のサイズと面接結果の合否連絡の期間をお聞きしました。

不合格の場合は連絡をしない事などを説明を受け、時給が平均より安いのでいいですかと念をおされ、今は店長になったが元はアルバイトから始めたともお話を聞くことができました。

パン屋のバイトの先輩の失敗談から学ぶアドバイス

パン屋のバイトでの失敗談としては、慣れたころに失敗しやすいので気を引き締めてメリハリもいるんだと実感しました。

店舗内での商品は夕方になればスタッフ価格で割引して販売してもらえるところがよかったです。併設レストランがあったため休憩時間には割引価格で注文をすることができたりケーキ等のお持ち帰りの商品も割引がとても良かったです。

スタッフさん同士も仲が良くパートの方とも仲良くできた職場であったため働きやすい所でした。お給料面は少し安かったですが、働きやすさがあったために続けることができました。

接客がはじめてであったため緊張もしましたが、お客様も覚えて声掛けをしていただけ少し会話ができる様になれたところがとても良かったです。この仕事では接客の楽しさがわかったアルバイトでした。

パン屋のお店内の整理整頓やレイアウトの仕方を時々社員のかたが聞いてくれたところだった為、何かアイデアをだしてもいいところだとやりがいも沸き普段の仕事+何かアイデアをだしてもいい雰囲気の職場であればどんどん話す方がいいと感じました。

時々アルバイトだからあまりきいてくれない様な所だとアルバイトさんも続かないところになるので人の出入りが激しくそれなりの理由があるので働いてみての所見もよく見た方がいいのではと思いました。

店長さんもアルバイトから頑張った経験があったのでいろいろわかってくれるところを見つける事も働きやすさにつながるのではないのでしょうか?働きやすさの職場を見つける事は簡単ではなくラッキーだったのかもしれませんが働いて体を壊すところで働くのはどうなのかとも思います。

まとめ

今回は「パン屋のバイトはきついし怒られる?向いてない人の特徴7選はコレ!」についてご紹介しました。

パン屋のアルバイトは早朝からの作業で体力仕事という点ではきつい面もあります。お客さんに提供するパンという食べ物になるので衛生面にも気を遣う必要があります。

必ずしも手先が器用である必要はありませんが、不器用な人は繰り返しの作業で感覚や工程を覚えていくしかありません。

パン好きやこれから飲食業界に就職したい人にとっては好条件のアルバイト先となります。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました